【冨具崎漁港】 勉強になりました

18日中潮・7:35満潮
5:40到着

冨具崎漁港へ行きました。


アジを釣りに来たのですが、ちょっと遅かったかも。

ヤスさんのコメントを参考に西側堤防を歩き先端を目指す。
柵の手前ですでにアジを釣っている人がいる。
私も始めようと準備をしていたら、アジならこっちに寄ってるから
隣でやるといいよ、と声をかけられた。

お言葉に甘えて隣に入れさせてもらう。
その釣り人は慣れた手つきで次々とアジを釣り上げているが、
私は釣れない。わずか2~3mしか離れていないのに。
どうしてだろう。

やっと1匹釣れた。
が、その後は何もなし。
隣では一投一アジのペースで上がっている。

隣の釣り人にコマセの違いが問題点なのでは、とアドバイスをもらう。
冷凍オキアミだとコマセがいっぺんに撒かれず、カゴに少し残る。
それを振って少しずつ出せるから釣れるのでは、と。

私のコマセは常温保存用のチューブ型で海中に入れた瞬間に煙幕が張る。
そしてすぐにカゴからなくなってしまう。
なるほど。少し工夫が必要か。

とりあえずカゴを蓋付きに変える。
そしてコマセを入れた後、指で押しつけてギュッと固める。
投入して軽く振ってみると釣れた。これだ。
しかもコマセがまだカゴに少し残っている。

ここでヤスさんのコメントを思い出した。
そういえば上カゴにして釣ったと仰っていたな。
そうか。投げ用のロケットカゴなら、コマセの出具合の調整ができる。
そういうカラクリか。

すぐに上カゴに付け替えて投入してみる。
と、釣れた。やはりアドバイス通り、投入してからも少しコマセが
出ていないとダメなようです。

何匹か釣れてすぐに魚信が止まる。
しばらくしてサッパが3匹連なって上がってきた。
隣の釣り人も魚信が止まった様子。
どうやら日が昇って時合いが終わったみたいです。
私がゴチャゴチャやってるうちに終了してしまい惨敗。

アジ 7
小鯛 1

工夫をしながらやってみましたが、やはりお隣さんとは
はっきりと釣果に違いが。
使っていらっしゃった竿は7mの長尺だそうなので、そもそも遠めに
入れないとあまり釣れないのかもしれません。
そして何よりコマセの違いが決定的だったと思います。
本日は本当に勉強になりました。