【豊浜漁港】 危なかった

13日大潮・11:15干潮
9:30到着

連続で豊浜漁港へ行きました。


桟橋の中ほどの空きスペースに入る。
隣の先行者の方に状況を伺うと、やはり今日もサヨリ。

昨日と同じようにピンクサビキ5号を付けて投入。
魚信はない。
どうやら時合いが終わって一息ついているところのようです。

しばらくして隣の子供がサヨリを釣り上げて開始のラッパが吹かれると
一斉に釣れ始める。私にも魚信がきた。

サヨリです。
この後2匹釣れて魚信が止まる。

わりと止まってる時間が長いので、もう一本竿を出すことにする。
ルアーロッドに金袖6号を付けての引き釣り。合間の暇つぶし的なもの。

ちょい投げして引いてみるが魚信なし。
サヨリがかかればいいかと思い、ルアーロッドのハリにエビを付けて
真下にぶら下げておく。

しばらくすると置いておいたサビキ竿に魚信。
巻き上げるとサヨリ。
サヨリを鈎からはずしていると、隣の子供が突然あーーと声を上げる。
見ると置き竿にしておいたルアーロッドが引きづりこまれて、桟橋の足元に
付いている手摺りのような棒にリールがひっかかって、ギリギリ止まっている。

隣の子がすばやく竿を抑えてくれて間一髪で落下を防いでくれた。
ものすごい引いている。何がかかったのだろうか。
私はサヨリの処理に手こずっているので、その子にそのまま巻き上げを
お願いすると、途中でバレた。
その子は本当に申し訳なさそうな顔をしていましたが、当然私は竿を助けて
くれただけでありがたいので、バレたことなどどうでもいい。

見ると1号のハリスが切られている。明らかにサヨリの仕業ではない。
エイかボラか黒鯛か。なんだろう。

その後何匹かサヨリを追加して終了。
竿を助けてくれた子本当にありがとう。

サヨリ 6
刺身と塩焼き 3:3