【豊浜漁港】 多分あれは無限に釣れる

2015年7月14日大潮・4:05満潮
5:00到着

豊浜漁港に行きました。


いつもに比べると多少釣り人は少なめ。

桟橋の中ほどで始める。
今日もサビキでアジ・サバを釣る。
時期的には脂が少なく、若い人には物足りないかもしれませんが
40過ぎのおっさんには、わりとこれくらいでもおいしいわけです。

今日はいつもにも増しての入れ食い。
足元を見ると表層をものすごい数のサバがうごめいている。
なるほど。これなら少しの時間で充分な量が釣れるから、帰る人も
多いのだろう。サバの大きさは20cm弱。

初めはアジ、続いてサバ
アジはすぐに釣れなくなる。

あっという間にサバが充分になったので、ここからはサビキを
置き竿にしてキス狙いの引き釣りを始める。
キスは釣れないが代わりにメゴチが釣れる。
ちょっと前までは6~7cmしかなかったけど、今は倍くらいの大きさに。

サビキのほうは置き竿にしてもまだサバがかかってくる。
引き釣りのほうの竿は巻き上げて置いておきサビキを上げる。
と、引き釣りのほうの竿がしなる。
しまった。ハリが海面についていた。
サバがかかっている。釣られたいばっかりか。

隣で若い釣り人がアジだけを狙って釣っているようす。
アジ以外はすべてリリース。
チラ見すると、なるほどサビキが下のほうに3本しか付いていない。
慣れた動きで次々アジを釣り上げる。さすがです。
日が昇り切ってもアジは底のほうにはいるようで、普通のサビキでは
アジより先にサバがかかってしまい、仕掛けをあちこち引きずり回す
からアジがかかる暇がないということなのだろう。勉強になりました。

もう充分釣ったのでいつもよりも早目に終了。

サバ 13
アジ 6
メゴチ 4
キス 1
小鯛 1
いつの間にか入っていた小イワシ 1 小カマス 1