【豊浜漁港】 やっと釣りに行ける

2015年6月30日大潮・3:50満潮
5:00到着

豊浜漁港に行きました。


鯛祭りの準備中。真鯛になるのか黒鯛になるのか。

5:00では釣り人が満員。
ざっと見たところ沖側は空いている場所がない。
と思いきや、桟橋の付け根だけ空いていた。よかった。
先週は忙しくて釣りに行けず、ようやく来たのに空いていなかったら
泣くに泣けない。

今日はなんでもいいから釣りたくて仕方がないのでサビキを準備する。
他の人を見ると順調にサバが上がっている。
私はピンクのサビキで煽ってみる。鈎は5号。
水面には何やら小魚が動いているのが見える。

しばらくしてかかってきたのはイワシ。トウゴロウではない鱗がポロポロ剥がれる
普通のやつ。5~6cmのちょうどいいサイズなので、これを生き餌にしよう。

餌を付けてそのまま投げるとエサが死んでしまうか、弱ってしまいそうなので、
とりあえず投げ竿に六角オモリ15号を付けた状態で投げ込んでおく。
流線袖8号ハリス1.5号をスナップ付きヨリモドシに付け、イワシの口に鈎を刺す。
それをさっき投げておいた道糸にスナップをひっかけて放つ。
道糸に沿って餌イワシがゆっくり海中へ。

5分もしないうちにイワシ餌の竿先がグングンと引き込まれる。
マゴチやヒラメは早アワセしてはいけないということは予習済なので、
ちょっと様子を見ていると、強めにグンと持っていった。
よし、ここだろう。たぶん。

アワセるとかかってました。

なんだろう。マゴチ・・・でいいのだろうか。

口の中のファンシー色が強すぎるのですが食べても大丈夫なのだろうか。
実物も本当にこんな色をしています。うっひょ~ちょっと気持ち悪い。
そもそもこの魚はなんだろう。

その後サビキに強めの引き。

これまたなんという魚でしょうか。
ブリとかカンパチっぽい姿。
よくわからないけど、こっちは食べても大丈夫そうな感じがする。

イワシは時々釣れるがサバはまったく釣れない。
他の人はわりと上げているのでサバ自体はちゃんといるのだろう。

サビキを白に変えてみる。
と、途端にサバがかかってきた。
他の場所はどうかわかりませんが、やはりここのサバは白サビキでないと
ダメらしい。イワシはどちらの色でも釣れる。

その後はサビキでサバが数匹釣れましたが、生き餌のほうは魚信なし。
マズメしか釣れないのかもしれない。

一番大きいサバで16cm。
今はだいたいこれくらいの大きさのようです。
イワシは5cm~10cm程度。私は5号のサビキでやりましたが
もう少し小さい鈎のほうが数が出るかもしれません。
アタックしてくるけど鈎にかからないということがけっこうあったので。