【豊浜漁港】 パッとしない結果

9日小潮・4:40干潮
4:40到着

サヨリを釣りたくて仕方がないので豊浜漁港に行きました。



鳥多い


愛知県は昨日8日に梅雨入りしたそうで、さっそく天気が悪い。
小雨がずっと降っています。

さすがに平日の早朝で雨となると豊浜漁港でも人は少ない。
私以外は5~6人程度。桟橋の中ほどで始める。

前日イシグロの店員さんに教えてもらった通りにシモリ玉をセットし、
サヨリ仕掛けを投入。ウキ下は60cmほど。コマセを撒いて魚信を待つ。
海面を見てもまだサヨリは来てない。

ぴょこぴょことウキが動く。
上げてみると小サバがかかってました。
今日はお前じゃない。

周りの人たちもポツポツと釣れているようす。
サビキで小サバ小アジ。以前のような大漁という感じではない。

しばらくするとウキが一気に水中に持っていかれる。
キタかと思い上げると

メバルでした。

この後は再び小サバを2匹追加してサヨリ狙いは諦めることにする。
今日はサヨリは来ないみたい。

桟橋の付け根のほうに移動。
テトラ竿を置き竿にして、もう一本はキス狙いのジェット天秤仕掛け。
一投目で根がかりして天秤ごとなくなる。
もう一度仕掛けをセットしなおし投入。

二投目で回収。
いらない奇跡を起こす。

テトラ竿の鈴が鳴る。
上げてみるとかかってました。

小ダイです。
後で調べましたところ、春子鯛(カスゴダイ)というそうです。
鯛の赤ちゃんで寿司ネタにもなるようです。
かなり小さいですが。

前回来たときにいた、サビキにかからなかったあの謎の小魚はおそらく
この春子鯛だと思います。普通のゴカイで釣れたので、私が気付かなかっ
ただけであの日も釣れていた人はたくさんいたのだろう。

小ダイを釣っていると横に釣り人がやってきた。
テトラ竿のような短い竿にカラフルな纏のようなものがぶら下がっている。
投入してしばらくすると上がってきたのはタコ。
タコ釣りは初めて見ました。

なでしこの試合を見なければならないのでここで終了。
サヨリは次回に持ち越し。
小サバ数匹とメバルと春子鯛数匹というしょっぱい結果でした。