【りんくう】 アナゴ用自作天秤を作る

1日大潮・17:40満潮
18:50到着

常滑りんくうに行きました。
2日連続です。

単刀直入に結論から言いましょう。1匹です。


今回は【ゆるゆる釣り部】さんのサイトをほぼ丸パクリで天秤を自作
してみました。

その名も【ぶきっちょ1号】です。【ぶきっちょ2号】もあります。
左右の腕の長さが違うことによってハリが絡みづらくなっています。
いえ違います、怪我の功名です。

いざ投入。
わずか1分ですぐに魚信が。
かかってました。

ゼンメです。
ぶきっちょ1号の初の獲物。第一投目でキタ。

もう一本の竿にぶきっちょ2号を装着して投入。
2号のほうにもすぐに魚信がくる。
手応えあり。よっしゃ。こちらも初の獲物キタ。
アナゴがかかってました。

そうです。いつものパターンなわけです。
ここからまったく釣れなくなる。

魚信はあります。同じような魚信を同じようなタイミングでアワセている
のですが、なぜか釣れない。
タイミングを少し遅くしたり、早くしたりしても同じ。

問題は2つ。
なぜ1匹しか釣れないのか。
なぜ1匹はいとも簡単に釣れるのか。
いまだ答えは出ず。

エサは取られていたり、かじられていたりするので、
次はハリを少し小さめにしてやってみようと思います。