【豊浜漁港】 ついにメゴチバサミでメゴチを挟む

2015年5月12日小潮・6:25干潮
6:00到着

豊浜漁港にキスを釣りにきました。


台風の影響であいにくの空模様。まだ雨は降っていませんが風は強め。
5月に台風が来るようになりましたか。

到着したときにはすでに7~8人のご家族御一行と、奥のほうに2組ほど。
メバルらしき魚が釣れていました。
チラっと見るとどうやらサビキ仕掛けのようです。私も近いうちにサビキを
やってみたい。

釣り桟橋の中程で始める。
とりあえずはいつも通り、テトラ竿を置き竿に。
と、投入した直後に竿先がしなる。まだ竿を置いてない。
鈴がジャンジャン踊ってる。お前に言われなくてもかかってるのはわかってる。


(現場で撮り忘れ)

メバルでした。
いきなり幸先がいい。

あらためてテトラ竿を投入しなおし、置き竿にしておく。
そしてもう一本の竿に市販のキス用仕掛けを取り付ける。
どうやら大きいキスも小さいキスも結局は小さいハリで両方釣れるので、
キス釣りはできるだけ小さいハリを使うのがセオリーらしい。
で、お店に置いてあった中で一番小さい5号の枝鈎を使用。

投入すると風で少し戻ってくるが、思ったほどではない。
リールをゆっくりゆっくり巻いて止める。ゆっくりゆっくり巻いて止める。
を繰り返す。

しばらくすると竿からブルブルっとした振動がくる。
軽くアワセてみるも何もかかっていない。
もう一度投入。巻いて止める。巻いて止める。
またブルブルっと震える。今度は少し動かさずに待ってみる。
再び振動が来た時にアワセてみるとかかってました。

メゴチです。
上がってきたときはハゼかなと思いましたが。
そしてついにアナゴバサミが本当のメゴチバサミに。

その後も前段の動作を繰り返しているとまた振動がくる。

7cmくらいの小さなメゴチ
何回かエサだけ取られていたことがあったけど、たぶんこいつの仕業だと思う。

ちょっと晴れてきた。

コツがつかめてきたのですが、まだエサだけ取られることもしばしば。
小さいメゴチも何匹か釣れていた最中、あれ?なんか重いぞ。
上げてみると

ホウボウです。
ヒレが美しい。

御家族御一行の一人がサヨリを釣り上げていた。
遠くからでもわかるくらいだからけっこう大きい。

結局キスは釣れないままここで終了。
次は釣りたい。