【りんくう】 今日はキス天で一杯

7月22日大潮・11:00干潮
7:30到着

常滑りんくうに行きました。


敷石に降りている釣り人を見ながら北へ向かって歩いていく。
夏休みに入って最初の土曜日なのでかなり混んでいる
だろうと思って来ましたが、それほどでもなく。
と、思っていたらテラスの向こう、敷石が切れる辺りから
北側は超満員。ずらりと竿が並んでいる。

どうしようか。敷石に降りればスペースは充分あったなと
考えていると、テラスの釣り人がちょうど片づけて帰られる
ようすだったので入れ替わりでテラスで始める。

今回は投げ竿1本でキス狙い。
ジェット天秤10号に市販の2本枝バリ6号、石ゴカイを付けて投入。
ゆっくり巻いて止めるゆっくり巻いて止める。

まったく魚信がない。
時々チビハゼが上がってくるだけ。

かれこれ数投目。
投げ込んだ時に汗が流れてきた。
一旦竿を置いて汗を拭いて再び竿を持つと手応えアリ。

キスです。
ようやく釣れた。

その後はまた魚信が無くなった。
もしかしたらと思い、投げ込んだ後置き竿にしてみる。
30秒~1分くらいに1回リールを少し巻く。
と、魚信が来た。

引き釣りではなく置き竿(多分正確には置いておくくらい食いの
間を与える)のほうが良さそう。

このパターンで次々魚信が来るようになった。

大潮なので干潮に近づくとかなり水位が下がり、その上
透明度が高いので泳いでいる魚たちがよく見える。
サッパかアジの群れ、15~18cmくらいのメジナの群れ、
30cmくらいの黒鯛っぽい魚。

9:30くらいから魚信が止まったので終了。

キス 12

特筆すべきはカルキスがゼロだったということ。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村