【内海新港】 気持ちのいい秋晴れ 【りんくう】

10月11日若潮・7:30干潮
4:40到着

内海新港に行きました。


肌寒く、雲もすっかり秋の形になってきました。
天気が良く微風が吹いている。
南側堤防の角で始める。
私以外にも釣り人はすでに数名いらっしゃる。

暗いうちはアジ狙いでサビキ釣り。
蛍光緑6号を付けて投入。
20分くらいしてコマセが効いてきたのか最初の魚信がきて
アジが釣れた。そのすぐ後にも魚信がきたが鈎がかりせずに
逃げられる。

で、これっきりまったく魚信が無くなった。
アジはこの2匹しかいなかったのだろうか。

薄明るくなってきたのでジグサビキを投げてカマスのようすを探る。
が、こちらもまったく魚信がない。
完全に明るくなったので、投げ釣りでカレイ狙いに変更。
スパイクオモリ15号+市販の2本鈎仕掛け。
エサはストロー虫とアオイソメで投入。

コマセがまだ余っていたので延べ竿に玉ウキ+丸セイゴ7号でいつものやつ。
しばらくすると勢いよくウキが引き込まれた。
わりと強めの手応え。

メジナ19cmです。
これ以外は

ウミタナゴチビメジナが時々釣れるだけ。
隣ではサビキでイワシやサッパが釣れ盛っている。

イワシを釣ったところでコマセが無くなった。
投げ竿のほうは時々魚信はあれどかからず。

りんくうへ移動。

14:50満潮
10:30到着
りんくうビーチ寄りの敷石が見えないところで始める。

前回と同じく投げ竿3本にストロー虫を付けて投入。
前回と違うのは本命ヘダイでカレイは釣れたらいいな程度。

が、1時間経ってもまったく魚信がない。
鈴がチリンとも鳴らない。
と、左の竿の先が震えている。ようやくきた。
しかし不思議なことに鈴は鳴っていない。
・・・違う。あまりの釣れなさすぎに幻覚が見えていただけのようです。

そこからさらに30分ほど経ち、12:00を過ぎてようやく本当の
魚信が来る。右の竿の鈴が鳴り始めた後、竿尻を持ち上げるほど
引き込む。

ヘダイです。
前回はキビレと間違えていましたがコメント欄にて教えていただきました。

さらにその後すぐにまたもや同じような魚信が右の竿に。
今日の当たり竿は右の竿のようです。
寄せてくるとヘダイの魚体が見えた。
タモを入れて掬う寸前に鈎からはずれて逃げて行った。しまった。

さらに1時間ほどまた魚信がない時間が続いたので、そろそろ帰ろうかと
竿を順に片づけていくと、真ん中の竿がゴミを引っかけたように重たい。
もちろん初めは大量の海藻でも引きずっているのだろうと思って
いましたが、途中でブルブルと生体反応があり、そしてバレた。
なんとなくあれはカレイだったのではないかと思っていますが
どうなんでしょうか。

帰りに歩いている途中で女性の釣り人がサビキでイワシかサッパらしき魚を
釣っていました。
釣りと言えば臭いし、汚れるし、虫エサは気持ち悪いし、トイレは無いし、で
女性に敬遠される趣味の筆頭のようなイメージだったのですが、実際は
女性の単独釣行を時々見かける。今は女性釣り師も結構普通なんですかね。

アジ 1
イワシ 1
メジナ 1
ヘダイ 1

終わってみれば中々しょぼい結果でした。