【内海新港】 ストロー虫を使ってみた 【りんくう】

2016年10月4日中潮・7:30満潮
4:40到着

内海新港に行きました。


南側堤防で始める。

暗いうちはコマセを撒きつつウキ釣りでアジ狙い。
陽が昇ったら大きめメジナが釣れたらいいなで開始。

右から左へ流れていく。
しばらく魚信無し。
40分くらいするとようやく最初の魚信。ウキが引き込まれる。

アジです。
15cmのアベレージサイズ。

何せ潮が流れるので暗いとコマセとの同調が難しい。
しかしこれだけ流れるとサビキよりはウキ釣りのほうがまだやりやすい。

陽が昇ってきて

メジナが釣れだす。
これもコマセと一緒に流れていくときだけ釣れる。
つまりコマセを投げてその中にハリを入れられたときだけ釣れる。

そして今日はチビメジナとイワシだけが釣れる。
コマセが無くなったのでここで終了。

常滑りんくうへ移動

変な天気。
りんくうビーチ寄りのところで始める。

まだ少し早いかなと思いつつもカレイ狙いです。
今回はストロー虫を持ってきました。
チャントーさんのブログを参考にしています。

投げ竿に市販の天秤+スパイクオモリ15号+市販の3本鈎仕掛け。
一番上にストロー虫を付けて、他2本はアオイソメで投入。
3本の竿をそれぞれ近中遠で投げ込んでおく。

チャントーさんが以前仰っていた通り、オモリ着底後にグイっと引っ張って
海底の砂埃を上げて誘っておく。
しばらくすると鈴が鳴った。

ハゼでした。
一応カレイのつもりで魚信があってもしばらく様子見をして上げました。

その後は魚信はあれども鈎がかりせず。
そろそろ帰ろうかと思っていたら、鈴が激しく鳴ったのちに竿尻が
持ち上がるくらいの強い引き。
慌てて巻くと

キビレでした。
そうか、ストロー虫だとこんな魚も釣れるのか。
わずか22cmのチンタサイズなのにグイグイ引いた。

アジ 4
イワシ 3
ハゼ 1
キビレ 1