【冨具崎漁港】 海辺は意外とトンボが多い

2016年9月16日大潮・11:30干潮
13:50到着

冨具崎漁港に行きました。


ここ来る前に内海新港を見に行ってきました。
が、まだ駐車場は有料だったのでこちらに。

めずらしく釣り人がいっぱい。
私以外に20人ほどで西側堤防は先端のほうまで人だらけ。
梯子を上がってすぐのところにスペースがあったのでそこに入る。

キス狙いの引き釣りです。
ウッドシンカー20号+市販の3本鈎。ゴカイを付けて投入。
大潮で潮が一番動いている時間帯だからか投入直後から
どんどん右へ流されていく。
左寄りに投げてみても巻いて手元に来るころには完全に右。

3投目にちょっと重くなった。
海藻か誰かがロストした仕掛けでもひっかけたのだろうと
思っていると

エイです。
と言っても手のひらサイズのチビエイ。

そして

メゴチ

このメゴチを餌に泳がせ釣りをしてみる。
スパイクオモリ10号にチヌ鈎5号ハリス3号。

引き釣りをしながら泳がせの竿を見ているがまったく魚信なし。
一度だけメゴチが動いて竿先が振えたことがあったくらいで
結局何もなし。
引き釣りのほうもキスが1匹釣れて、あとはメゴチ少々。

南側の手摺りがあるほうへ移動してみる。
何投かしてまったく魚信がないのでここで終了。

キス 1
メゴチ 5

いくらなんでもちょっと少なすぎる。
今年はキスがまともに釣れないまま終わっていきそうです。