【りんくう前島】 なかなか思うようにはいかない

7月12日小潮・5:20干潮
5:00到着

りんくう前島に行きました。

通り雨が止むと虹が出ていました。


港内まで行くとすでに常連と思しき釣り人たちが最奥に並んで
釣っている。7人ほど。
私は堤防沿いの港内側で始める。
港内でアジを釣って外海側で泳がせる予定。

アジキャッチというパニック系の4号を投入。
しばらくして魚信が来る。

小アジです。

数匹釣ったところで泳がせの準備をする。
とりあえず丸セイゴ12号を使用。
まず背掛けにして、そのまま突き通してハリスまで通す。
出たハリを尻尾の付け根に刺して終了。
投げ込んでみると着水の衝撃で外れた。

次は、背掛けにしてハリ先から発光玉を通してストッパーにしてみる。
で、これもやはり外れた。
どうやら着水の衝撃で外れる時は鈎から抜けるのではなく
身が切れることによって外れるということなのだろう。
かと言ってあまり深手を負わせると弱ってしまうし。

結局エレベーターが一番弱らせないでしかも外れにくいのか。
私は今までPEラインを使っていましたが、今回はナイロン4号を
使ってエレベーターをやってみました。
なんとなくPEは途中で引っかかって降りて行かないことが多く、
ナイロンのほうが良さげな気がします。

ものすごい小サバの群れ。

釣れた小サバ

4時間ほどサビキと泳がせを行ったり来たりしてやっていましたが
結局泳がせは不発。



小サバ 12~16cm 6

小アジ 10~14cm 19

もう少し早い時間に来て港内最奥のところ(常連さんたちがいつも並んで
釣っていらっしゃるところ)で釣ればもっと釣れると思います。
そして実際の大きさはそれほどでもないのに太っているためか
アジもサバもやけに大きく感じました。