【冨具崎漁港】 改善の余地あり

7月8日中潮・7:50満潮
4:00到着

冨具崎漁港に行きました。


私以外には5人くらい。
堤防の先端附近で始める。

延べ竿7.2mに白サビキ3号を付けて投入。
4回ほど投入を繰り返したころにようやくコマセが効いて
きて魚信がくる。

小アジです。

この後も小アジが続く。
暗い時間はやはりアジ優勢で小サバはまだ釣れず。

何匹か釣った後に泳がせの準備をする。
六角オモリ15号+流線袖9号
小アジを背掛けにして投入。

前回の前島釣行での泳がせ釣りの際に、いろいろ試してみて
なんとなく思ったことですが、大きいハリを使うと着水の衝撃で
生き餌が外れてしまう。丸セイゴでも流線袖でも同じ。
ハリの大きさと外れにくさのギリギリが流線袖9号なのかなと。
と、ここまで書いて他にも試したいことを思いついたので次回やってみます。

エレベーターもやってみました。
スナップ付きヨリモドシにナイロン4号の糸を15cm付けてそこに
中通しオモリ6号を通す。下に普通のヨリモドシを付けてその先に
ハリを付ける。
いつもエレベーターは底まで到達していないような気がしてこんなこと
をしてみました。これなら重みで下までいくだろうと。
が、途中で道糸に絡んで止まっていました。オモリが重すぎたのかも。

20分おきにエイが通過していく。

結局この日も泳がせは不発で終了。
隣の人がキスを何匹か上げていました。
80m~100mくらい飛ばしていたと思います。

小サバ12~15cm 36

小アジ9~12cm 41