【干物】 小サバを干してみました

小サバを干物にしてみました。
干物作りは2度目。味醂干しは初めてです。

前回作った干物は少し塩気が強かったので
今回は少し塩の量を減らしてやってみようと思います。

1.5Lの水に、あら塩を計量スプーン(大)で4杯投入。
大スプーンには15と書かれていますが、多分15gということなのだろう。
すり切りではなく普通に掬って入れたので、1杯20~25gくらいになって
いると思われます。つまり合計で100g弱。
前回は6杯入れました。塩気が強いといってもおいしく食べられる範疇
なのでこの辺は好みの問題かもしれません。

味醂干しの準備も同時進行。

醤油 3
みりん 2
料理酒 1
砂糖 小さじ 2

漬けダレの合計は1Lくらいですかね。
ちょっと多かったかも。

サバフライを作るときと同じように開いて中骨を取りました。

干物のほうはそのまま投入。
前回は塩分濃度が高かったのでプカプカ浮いていましたが
今回は沈んでいます。

味醂干しのほうは、開いて並べたサバに塩を振って10分くらい
置いた後に水分を拭いてから漬けダレに投入。
上からキッチンペーパーを落とし蓋にして冷蔵庫へ。

1時間後

干物のほうのサバを取り出して、ボウルの水にくぐらせて表面の
塩気を取る。キッチンペーパーで余分な水分を取ったら後は
並べて干すだけ。

味醂干しのほうは30時間後に取り出して、余分な漬けダレを
キッチンペーパーで取ったら並べて干すだけ。

今回は同時進行でしたから、干物のほうは取り出した後、冷蔵庫内で
30時間置いておきました。

30時間漬けておいたもの。このまま焼いてもおいしいのでは
なかろうか。

市販の干物用の青い網棚に重ならないように並べる。
風通しの良い、日当たりの良いところに吊るしておく。

13時~18時までの5時間干しました。
この日の気温は25~28℃ 快晴

できあがりがこれ。
写真だとあまりおいしそうに見えませんが、干物のほうは
うまく出来上がりました。塩気もちょうどいい感じです。

で、問題は味醂干しのほう。
干物に比べると、だいぶカラカラに乾いてしまっている。
そのせいなのか味も濃い。おいしくないわけではないのですが。

結果

干物はうまく出来上がった。
味醂干しは改善の余地あり。
漬け込み30時間が長過ぎたのかも。
次は味醂干しは干す時間も短くしてやってみようと思います。