【豊浜漁港】 種類だけはたくさん 【内海新港】

2016年5月13日小潮・4:20干潮
6:20到着

豊浜漁港に行きました。


天気もいいし風もない。絶好の釣り日和なので当然釣り人も多い。
桟橋の中ほどで始める。

コマセを軽く撒いておいてサビキを準備する。
今回はハゲ皮の白サビキ5号を使ってみます。
カゴにコマセを入れて投入するとすぐに魚信。



カタクチイワシ
でしょうか。12cmくらい。

ちょうど時合いだったようで投入すると次々釣れる。
が、15分くらいで終了。魚信がなくなった。

ラッシュ時にマイワシ17cmも釣れました。

両サイドの釣り人が投げているから私は今日は投げれそうにない
のでエアーシンカーにサヨリ鈎のいつもの仕掛けを10mくらい先に
ボチャンと落として置き竿にしておく。

しばらくしてあげてみると

キス15cm

メゴチ15cm

チビメゴチとチビハゼはいつも通り多数。

サビキのほうはまったく釣れなくなってしまったので場所移動。
内海新港

9:45満潮
9:30到着

南側堤防で始める。
とりあえず冨具崎と同じように、テトラ竿をヘチに落として置いておく。
投げ竿の準備をしていると、すぐに竿先がブルブルし始める。

アイナメ15cm

続けて14cmと12cmのクジメが釣れる。
全部ハリを飲み込んでいるのは食い気が強いからなのか。

改造ジェットに改造3本鈎を付けて投入。
ゆっくり引いてくるが魚信なし。
何投かしてみるも全く魚信がない。
改造3本鈎は浮きすぎなのだろうか。

違いをみるため市販の3本鈎に変えて投げてみる。
が、やはり魚信がない。

この後も結局何も釣れず終了。

カタクチイワシ 18
マイワシ 1
アイナメ 1
クジメ 2
キス 1
メゴチ 1

改造ジェットで10投以上しましたが自絡みはしなかった
ので今後も使えそうです。
キス釣りには向かないそうなのでアナゴの時にでも
またやってみようと思います。